スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信じられない悲しいニュース

2日の午前8時10分ごろ、兵庫県の加古川市小学校で、

頭部のない猫の死骸が花壇で発見されたそうです

その猫は、生後間もない体長20㎝ほどの大きさで

頭部を別の場所で切断され、花壇に持ち込まれたらしいです

この手の事件は相変わらず後を絶ちませんね

こういう人間はみんな心が病んでいる、心が貧しいんだと思います

人間のストレスやうっぷんの矛先を、何の罪もない

ただ一生懸命に生きてるだけの動物に向けるのだけは

止めてもらいたい

こういう事を平気で出来る人間の頭の中は、いったい

どうなっているんだろうか

もしかしたら、たまたま隣り合わせた人がそういう人間かもしれない・・・

人間不信に陥りそうです



別の日に大阪でも猫の糞尿被害に業を煮やした人物が、毒入りの餌をまいたらしく

空き地で6匹の猫が死んでいたそうです

いずれも痩せていたそうだから、喜んで食べたんでしょうね

そして苦しんで、もがいて・・・酷すぎます


同じ地球で暮らしている以上、多少の迷惑行為は仕方のないこと、

そして私たち人間だって彼らにとっては迷惑な生き物かも

しれないのですから、排除することだけを考えても

根本の解決にはならないはずです

外で懸命に生きてる野良ちゃん達の事も、手を差し伸べなくてもいいから

そっと見守るくらいの心の余裕は持ってほしい

それにしても辛い事件です。。。

体長20センチ、ちょうど私が保護した仔猫くらいの大きさです







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。