スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身体は正直

最近、普通にお味噌汁とご飯、納豆、のりみたいな食事をしてました

以前は朝は果物のみとか、人参りんごジュースなどの酵素たっぷりであろう

食事をしていたこともありました

だ、け、ど、、、

それは私の様な体質には合っていない事がわかり、

遠赤養生粥がいいという事を教えて頂き、去年の11月から朝食はお粥を食べてました

でもちょっとお粥炊くのが面倒になって、ここ半月ほどご飯にお味噌汁、納豆、のりなどの

普通食に戻ってたんです

が、やっぱり朝からそれだけしっかり食べると、胃が重くてしんどい日が続いてました

身体は嫌がってたんですね、またお粥に戻す事にしました

朝は排泄の時間ですからね

人にはそれぞれ体質というものがあり、持って生まれた遺伝や後天的なものもあり

生活習慣などによっても食べるものは違ってくるんだということなんですね

巷にはありとあらゆる健康法や美容法があるけど、流行っているから~とか

ハリウッドセレブがやってるから~とか、

もう自分の体質なんてどうでもいいかのように、みんなやってる気がします


そして結果を急ぎ過ぎてすぐに飽きてしまい、又別の方法を試す羽目になる

こうなるともう悪循環、負のスパイラルへ突入です

こうなる前に自分の体質を知っておいた方がよさそうです

体質はできれば専門家に調べてもらう方法がいいと思いますが、

簡単なチェック方法ならネットで検索すれば色々あると思います


中にはやって良かったっていう事もあるかもしれないけど、

まずは自分の体質を知ることから始めた方がいいと思うんですけどね

でないと、全然効果なかったり逆効果だったり、身体を壊しかねません
 
かけたお金と時間がもったいないです

世の中に万人に効く完全なものなどないのだから、、、


そして、途中で止める位なら始めからやらない方がいいという事です

「飽きやすの冷めやす」にならないようにしないといけないなぁって、私自身も反省しました

さっき炊いたお粥
おかゆ

こ~んなお鍋で炊きます
奈良の大仏鍋と勝手に読んどります^m^
お粥鍋

で、コトコト1時間ほど生米から炊きますと、こんな感じになります
つぶ

普通のご飯から炊くお粥とは全く別物です

さらさらとしててまるでお米のスープのようです

お米の中心まで火がじっくり通るので、まるで花が咲いたような形になります

これに岩塩や天然塩を入れたり、天然出汁を加えて味付けしたり

梅干しを加えたり、色々アレンジして食べます

これを食べるとホッとするし、身体が喜んでる気がします

身体ってホント正直
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。