スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三つのベン

一日を三つのべんで始めると、運気がアップするらしい

① 朝起きてお昼のお弁当を作る
② 便所の掃除をする
③ 朝勉強をする


松下幸之助は、会社を作った時に建物の真ん中にトイレを作ったそうだ
そして、自らトイレ掃除をした

なぜなら、いつも綺麗なトイレだとみんなが気持ちよく用を足せて、
仕事への意欲が出てくるから

トイレと仕事への意欲?
一見関係ないように思えるかもしれないけど、
私はなんとなくわかる気がする

このなんとなくっていう感覚はとても大事で、
いつもと違う、いい感じ!って思えると何だか気持ちよくなる
そうすると自然に気持ちが前向きになり、笑顔になる

綺麗なトイレに入って怒る人はまずいないはず
そしてこういう感情は連鎖するので、回りの人たちもいい気分になるし
仕事もがんばろう!って思えてくるんじゃないかと思うのです

先日MBTを買いに行ったとき、店長さんが言ってたこと
「人間の身体は精密機械であるけれど、とてもファジーなものでもある」

精密機械だと叩いたりけつまずいたりしたら本当に壊れるけど、
人間はそうはならない、そういう意味でファジーなもの

だから何となくいい!とか、何となく嬉しい!などの一見曖昧な感情は
とても大事なんだと思う




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。