スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命の灯

命の灯が消えようとしている

ブンタは1週間ほど前から失禁をするようになり、
今はもう自力で歩行ができないほど弱っている

もう水もほとんど飲めず、ご飯もほとんど口にしなくなった
ただ、大好きな鰹節やお魚には少し反応し食べてくれる

でもそれもすぐに止めてしまい、うつぶせで半目のまま
じっと前を見据えている

腫瘍の重みでバランスを崩すと痛みが走るのか
物凄い声で訴えてくる

悲痛な叫び、、、

まだ生きていたいと訴えているのか、
それとも・・・


このままいたずらに命を長引かせていいのか
ブンタはどうしてほしいのだろう

呼吸はとても穏やかで、苦しそうではない
そしてまだほんの少しだけど食べ物にも反応している



夕べは夜中の2時にブンタの叫ぶ声で目が覚めた
案の定身体が腫瘍の重みで横たわり、床に圧迫され辛そうだった

それからは殆ど朝まで眠れなかった
ブンタの目は常にうっすらあいている

時々目にいっぱい涙を溜めているのを見ると、
もう楽にさせてあげてもいいのかもしれないと思ってしまう

できれば苦しむ事なく眠るように連れて行ってほしい


「もう頑張らなくていいよ」ってブンタに話しかけるけど、
ブンタはただじっと前を見つめたまま


生きものを看取る方法に正解はないけど、
心の葛藤で胸がいっぱい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。