スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希少なドイツのお菓子

今年東京に住んでる甥っ子が大学生になり、姪っ子も高校生になりました
月日の経つのはほんとに早いです。

二人同時に入学なので兄夫婦は大変だと思いますが、
ここまで大きな病気や怪我もなく育ってくれたので
きっと感慨深いものがあると思います。

それで二人にはお祝い金と、それにプラスして甥っ子にはボディバッグを
姪っ子にはアクセサリーとチャーム付きボールペン、ハンカチなどを
セットにして送りました。
とても喜んでくれたので、色々探し回った甲斐がありました。

人にプレゼントをあげる瞬間も好きだけど、色々その人の事を考えながら
あちこち見て回るのも好きなんですよね。
その時間がとても楽しいです。

そして先日、そのお返しにと内祝いが届きました。

なんでも、新宿と大阪の伊勢丹にしか置いてないという希少なお菓子
ドイツの老舗 「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーベ」という
舌を噛みそうな名前のお店のバウムクーヘンです。

箱もオシャレで可愛いです

バウム

開けるとお花が咲いた~

お菓子

うん?すでに食べた後が、、、

チョコケーキ


届いたのはこの2種類で、どちらも美味しかったです。
下のチョコバウム、我慢できず先に食べちゃいました。

私はどちらかと言えばチョコとナッツが入ってる方が好みだったけど、
このへんはもう人それぞれですね。

見た目も可愛くてオシャレです。
今の時代、オシャレじゃないと物も売れないんでしょうね。

このバウムは色々材料にもこだわっていて無添加なので、
中にはその日のうちに食べないといけない種類もあるそうです。

東京って何でも揃うし素敵なお店も沢山あるし、
さすが最先端の街、遊ぶ事や食べる事には事欠きませんね。
住むのは別ですが、、、。


それはさておき、とても美味しいバウムでした。
兄よ、ありがとう。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。