スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EUの素晴らしい決定

動物実験反対についてはこのブログで何度か記事にしていますが、
今回はとても嬉しい記事です

兼ねてから、化粧品業界の動物実験に関してはとても嫌悪感を抱いていたし、
一刻も早く止めてほしいと思っていました
そしてついに!ついに終わりを迎えました

もちろんこれは日本での話ではないのですが、、、

EUが3月11日をもって、化粧品のどうぶつ実験を全面廃止にしました
延期なき禁止です 猶予期間はありません

一部の試験においては許されていた物もすべて撤廃です
さすがEUですね、やる事が違います
日本では中々こうはいきません


この記事を読んだ時は、涙が出るほど嬉しかったです
女性の美しさを追求する裏側で、想像を絶するおぞましい
実験が平気で行われていたんですから

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

(以下の写真と文は、はねこまるさんの記事よりお借りしました)

うさぎ

犬



ウサギは痛さで暴れ、失禁し、目はつぶれ、ひどい場合は腰を抜かして死ぬこともある
日本ではほとんどの大手化粧品メーカーがこのような実験を行っている

動物たちは、化粧品の動物実験だけで苦しめられているわけではありません。
すべての動物実験の全廃への道は険しくても、一歩一歩、粘り強く、繰り返し、くりかえし社会へ訴え続けていけば、動物たちにとって大規模で有意義な変化を引き起こすことは、できるはず。

動物の搾取と虐待は、すべて不必要なことです。
その最たるものは動物実験と肉食ですが、今回の「EUが3月11日から化粧品の動物実験を全面禁止」で、全体からみれば小さくても、「大きな一歩を勝ち取る」事ができました。

アニマルライツが周知のものとなるために、そして動物たちの状況が後退せず少しでも改善するようにと、歩を確実に進めていくことが必要です。決して諦めず、そしてねばり強く…。


~転載ここまで~


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


余談ですが、日本でも資生堂が動物実験全廃を発表しました
これを聞いた時はとても嬉しかったのですが、後日談がありまして、、、

資生堂は中国向けにも化粧品を作っていますが、
その化粧品については、これまで通り動物実験を継続するんだそうです

中国側から実験をするよう要請があったらしく、仕方ないようです
今や中国は日本にとっても大きなマーケット市場ですからね
でも、やってる事が何とも中途半端です

一貫性がなく、相手を見て商売をする企業なんだとがっかりしました
今までも資生堂の商品は使った事はありませんが、この先も使う事はなさそうです

実験をしていない化粧品はいくらでもあるし、使い心地も色合いも問題ないです
私は今後もそういう商品を選ぼうと思います

美しさに犠牲は必要ありませんから・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。