スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなに早く・・・

ブンタの繊維肉腫が見つかり手術したのが去年の10月4日

そして昨日、一番怖れていたガン再発の診断

このまま手術をせずに病気を受け入れた場合、
その命は数カ月であろうという余命宣告

それを聞いた時、不思議と冷静だった

なぜなら、目の前のブンタはいたって健康で食欲もあり
いつもと変わらぬ姿だから


そして手術をするなら一日も早くと言われた

でも先生はこうも付け加えた

「手術をしても再発の場合またすぐに腫瘍ができ
いたちごっこになるだけです」
 と、、、

全身麻酔で何度もブンタに手術を強いるのは避けたい

初めての手術の後、検診で病院に行く時猛烈な勢いで嫌がっていた
あんな嫌がり方は初めてだった

それほどブンタにとって手術は辛かったのだろう


今回、先生から提案された選択肢は三つ

● 一刻も早く手術をして取ってしまう  (でも先生は薦めていない)
● 放射線治療をする (これも全身麻酔が必要)
● 病気を受け入れて余命を全うさせる (この場合、あるサプリを勧められた)

そこで先生に質問してみた

「先生の飼いネコならどうされますか?」

先生は、 「僕なら2回目の手術はしません」 と言った

なぜなら、、、再発だから


先生は前回のブンタの手術の時に、再発しないように
腫瘍以外の組織も広く切り取り、おまけにラジオ波の照射を
10分間、3回繰り返したそうだ

それでも再発したという事は、すでに他の組織にも転移していた
可能性があるので、手術をするのはあまり意味がないそうだ

放射線治療となると、紹介された三重県まで行かなければならない
車で行くとなると8時間位はかかる (旦那曰く、大阪を抜けるのが大変らしい)
ただでさえ猫は車移動が苦手、それに病院に預けての治療である

知らない場所で知らない人に囲まれ、沢山の機械の中で
どれほどのストレスと不安がのしかかるかと思うと、
じゃぁやりますなんて安易には言えない

かと言って何もせず、このまま衰弱して苦しむ姿を見るなんて耐えられない

最後に先生が提案してくれたセンダンという植物から採ったサプリ
これならブンタの身体に負担なく与えられるかもしれない

このセンダン、犬猫の癌の抑制効果が70~80%もあるらしい
もう何でもいい、ブンタの癌が小さくなって辛さが軽減されるなら・・・

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「この世で起こるすべての事には意味があり、偶然ではなく必然である」

と聞いたことがあるが、神様は私とブンタに何の意味があって
このような試練を与えたのだろうか

つい先日2月14日、バレンタインデーに叔母の葬儀に
行ってきたばかりだというのに・・・


どうか神様、ブンタまで連れて行かないで下さい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。