スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスの本当の意味

もうすぐクリスマス
世の中は浮かれ気分

決まってプレゼントを買い、七面鳥やチキンを食べ
締めにケーキをほおばる

それがいけないとは言わないけど、
クリスマスの本当の意味を分かってやってるんだろうかと
ちょっと頭をかしげたくなる

あまりにも商業主義に走り過ぎてやしないだろうか

「クリスマスはキリストの誕生日」

私も今日の今日までそうだと思ってたけど、
聖書によるとどうやら違うようだ


~ここからはあるサイト記事を抜粋し、個人の感想を入れながら書いてます~

キリストが生まれたのは、、、
「羊と羊飼いが野外で数夜を過ごすことができるほど暖かい時期」
なのだそうだ

もし12月25日に馬小屋で生まれたとしたなら、
日本よりもはるかに寒い時期だし、確実に凍死してしまうだろう
と言われているので、聖書の期日からは3月末以降と推測されるわけだ

だとしたら、誰の誕生日だと言うのだろうか

それは、神(エホバ)に反逆して敵対する背教を起こし
これを組織化して広めた人物、バビロンの支配者で
ニムロドという人らしい


そして子供たちが大好きなサンタはと言うと
夢を壊すようで申し訳ないけど、アメリカの作家たちによって
脚色されたもので、商業主義によってまるで違う物になってしまってるようだ

ちなみにSANTAの綴りを入れ替えるとSATANになる

世界の街中ではプレゼント商戦真っ盛り
どうやら世の人々の間では、クリスマス=プレゼントを交換する日
となってしまっている
楽しめればいいじゃん!的な発想だろうか

とは言っても、ツリーやキャンドルなどで飾り付けし
美味しいものを食べて家族の親睦を深めたり、
恋人同士で過ごす事は否定しない

でもその陰で泣いてる生き物が沢山いる事も
忘れないでいてほしいと思うだけ

自分や自分の近しい回りだけが幸せなら
それでいいんだろうか
それが本当の意味での幸せと言えるのだろうか

世の中はどこへ向かっているのか
時々ふと考えてしまう


**************************************


ストップ動物虐待残虐を怖れないクリスマス
(こうまでして食べなければいけないのか、一度考えてみてほしい)

キリストはその誕生の時、沢山の動物たちに助けられ
見守られながら産まれたと言われています

上記のビデオには過激なシーンもありますが、
キリスト誕生までの物語も含まれているので
怖がらず、恐れず、是非勇気を持って見てほしいです

キリストがそうであったように・・・

だけど、クリスマスの本当の意味を知っても
世の人たちは七面鳥やチキンを食べ続けるんだろうか・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。