スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブンタの試練

我が家のペット達にとっては、過ごしやすくていい季節

みんなそれぞれの場所でくつろぎ、たまにじゃれあい

それを見ると私の心は安らぐ


こんな何でもない日常が一番しあわせ

なのに、突然悲しい事はやってくるんだね


2、3日前だったか、ブンタがいつものように私のお腹の上に乗ってきた

私、これまたいつものように撫でてやる

でもその日の様子はいつもと違った


いつもは撫でるだけなのに、その日は何故か皮膚を軽くつまんでみた

「コリ」っとした固いものが手に触れる

「えっ、しこり!?」

「違うよね、なんかの間違いよね」と、はやる気持ちを抑え

色々ネットで調べまくる

・・・・・


あまりよくない事ばかり

元々猫にしこりができた場合は、悪性の事が多いらしい

慌てて病院へ行き診てもらった

やはり先生の所見も、ネットで調べた事と同じ内容だった


13歳と高齢だし、心臓も少し弱いので薬も毎日飲んでる

手術となるともちろん全身麻酔

それに対するリスクもないわけではない


でも躊躇してる間に手遅れになってしまったら、それこそ罪

もうこれは素人があれこれ悩んでもしょうがないので、

主治医の先生にお任せする事にした


先生は一刻も早い手術を勧めてたし、

ブンタが高齢なのも心臓が弱い事も分かってるんだから


でもでも、やっぱり色々考えてたら不安で

もう1回病院に電話し、先生に色々聞いてみた


先生の話では、

手術前に血液検査とレントゲンも撮って、結果が悪ければ

手術はしないという事

麻酔も軽めの物を使うので、まず大丈夫(100%ではないけど)→ これは世の常だから仕方ない


最後に、それでもしたくないのであれば

やめても結構ですからと言われた


ちょっとこの言葉には疑問も感じたけど、(悪性の可能性があるなら、飼い主を説き伏せてでも

やるんじゃないかなって)まぁそこはあまり深く考えない事にして


10月4日 ブンタ手術の為の検査&レントゲン

もう後は悪性でない事を祈るのみ


ブンタ、頑張るんだよ

みんながついてるからね





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。