スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これに続け!日本の服飾業界

無印良品は、私も時々利用しているブランドだが

この度、毛皮製品の廃止に続き、豪州ウールの仕入れを

廃止にしていく方針を決めたようだ


私も最近まで知らなかった事だが、豪州ウールは

ミュールジングという方法を取っており、

これがとても残酷な方法らしい


メリノ種の羊は、より多くの毛を増やす為

しわの多い皮膚になるよう繁殖されるらしいのだが、

この湿気を含んだしわにハエが卵を産みつけ、それが孵化し

幼虫が繁殖してしまうのだ


この状態は、「フライストライク」と呼ばれる様々な症状を引き起こす

それを防ぐため、豪州の農家達は、園芸用の大バサミに似た道具で

羊のお散りの肉をバッサリ切り取るといった方法を用いる

これが「ミュールジング」と呼ばれる方法なのだ

もちろん、羊は痛み止めや適切な処置を受けておらず、

大変残酷な方法であることが分かっている


世界に名高いアルマーニは、随分前から毛皮製品を作っていない

若者に人気のH&Mは、堂々と動物虐待を反対しているし、

2009年にはPETAのベスト企業賞にも選ばれている


他には、アバクロンビー&フィッチ、ティンバーランド、GAP

ヒューゴ・ボス、タルボット、ジョルダーノ
などが

すでにミュールジングを用いたウールをストップ、

または完全に禁止している

つい先日、ユニクロも遅ればせながらこれに賛同したようだ

 素晴らしい! 


羊は、定期的に毛を刈り取らないといけないし、

その過程で出る大量の毛でウール製品はできるんだとばかり

思っていたが、浅はかだった・・・


動物愛護には疎くて関心の薄い日本だが、

一日も早く、こういう企業の仲間入りをしてもらいたいものだ


まだまだ知らない世界がある 

これからも、声なき声に耳を傾けていきたい



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。