スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サプリメントについての考察 Part2

さてさて、前回のサプリメントについての続きです

その前に、、、

ここに書く事は色々な所から得た情報を元に書いていますが、

それに私の考えを加えて書いていますので、その辺はご了承くださいね



前回は、サプリはバランスのよい食事をきちんと食べた上で

初めて効果を得られる という事を書きましたが、

今回は、そのサプリの内容についてです


世の中にあふれるサプリですが、

自分が飲んでるサプリの成分について、調べた事があるでしょうか

企業のコマーシャルを鵜呑みにしていませんか?

出ているタレントさんで決めていませんか?


何でもまずは疑ってみる(いい意味で)事をお薦めします

受身ではいけません 中には粗悪品もた~くさんありますから

コンビニや100円ショップで手軽に買えるような物は、

飲まない方がいいと思います


成分によっては体に弊害を起こすものもありますし、

もし病院で薬を飲んでいるとしたら、それとの相互作用で害に

なる場合があります


なので、選ぶときはきちんと自分の体の状況を把握した上で、

栄養管理師や薬剤師、その道のプロなどが相談に乗ってくれる所で

購入するほうがいいと思います


売りっぱなしとか、適当な回答しかしない会社は

お薦めしません

それから、日本には薬事法というものがあるので

いくらいいものでも基準値以上は入れる事ができないようになっています

医療についてもアメリカには大きく遅れをとっているように

サプリについても同じ事が言えます


アメリカには保険制度がなく、病気になると高額なお金を

払わないといけないので、予防医学が発達している側面もあるわけです

日本は、病気になれば病院に行けばいいという意識の違いですね


とは言え、日本のサプリが悪いと言ってるわけではなく

どうせ飲むなら、本物を選びましょうという事です


そもそもサプリは医薬品ではないので、飲みやすくするために

保存料、香料、増粘剤の類がたくさん入っているものが多くあります

これらは、解毒器官である肝臓や膵臓を酷使します

サプリを飲んで体を悪くしたのでは、元も子もないですからね


ある有名な青汁のメーカーが、ケールの代わりにキャベツを

入れていた事が発覚したのですが、メーカー側からは謝罪があっただけで

おとがめなしだったそうです

それだけ日本の法律も甘いわけです

なんてたってサプリは食品扱いですからね


じゃあアメリカのサプリならいいのか、、、

う~ん、これもちょっと落とし穴があるようで、

日本に支店があるような会社は、日本向けに内容を作り替えているらしいので、

これに関しても気を付けた方がいいですね(成分をチェックするとか問い合わせしてみるとか)

口に入れるものですから、ちょっと神経質なくらいがちょうどいいと思いますよ

不正の多い世の中ですからね・・・



書きたいことはまだまだあるけど、長くなるのでこの辺でまとめましょう


<サプリ選びの基本>

・天然の物を選ぶ事

・コールドプロセス製法(低温加工)である事

・添加物を使っていない事


100%絶対とは言わないですが、できるだけこれらの事は意識して

欲しいところです


そして、普段の食事ももちろん添加物はできるだけ避けるようにし、

ジャンクフードはなるべく食べない

完璧に出来る人はそうそういないと思いますが、意識するだけでも

ずいぶん違うと思います いや違うはずです


私がブログで取り上げる記事は、健康ネタが多いのですが

自分自身が、今まで辛い思いをたくさんしてきているので、

どうしても多くなっちゃうんですよね


で、どうせなら自分が勉強したことや得た情報を

皆さんと共有できたらなっていう思いもあるんです


まだまだ知らない事だらけですが、これからも色々勉強して

いこうと思っています

できればそれらを生かして世の中の役に立てれば最高なんですが・・・



話しは変わりますが、今日はイブですねぇ

恋人と過ごす人、

家族で団欒する人、

お仕事の人、

そんなの関係ないもん!っていう人、


メリークリスマス



いい夢見れますように・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。