スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年もまた・・・

秋もだんだんと深まり、いよいよ冬に向かう今年も

例年通り店頭には毛皮が並びます

数年前に毛皮の実態を知ってからは、店頭に並ぶ毛皮を見ると

憂鬱な気持ちになります

まだまだ知られていないんでしょうね

毛皮がどういう風にして作られているのかを


動物愛護の思いよりも、おしゃれを楽しむ方が優先されているわけです

そして業界の人達は、動物たちの犠牲をなんとも思っていないのです


あるブロガーさんの記事に、韓国の歌手 イ.ヒョリさんが紹介されており

彼女のツイッターの記事が載っていましたので、紹介します


「皆さん、肌寒くなる時期になりデパートの陳列台は毛皮で溢れています。

私も一時期はカッコイイという気持ちだけで、よく身に付けていました。

動物を着ることより、愛で抱きしめてあげる事の方がもっと暖かく、

もっとカッコよく見えることに気がつきました。

そして、高価な毛皮を買わずに、そのお金で軽くて暖かい服を1着買って

私とボランティア活動に行きましょう。」
と伝えていました


彼女は大の動物好きで、普段も捨て犬の保護を積極的に

行なっており、「イ.ヒョリの子犬、仔猫をお願い」という

動物保護のブログも運営しているそうです


今年もまた無残に殺され、毛皮の材料にされる動物たちが

いるんだと思うと、この季節が嫌になってきます

どうか、動物たちの想像を絶する痛みや苦しみ、悲痛な叫びを感じて下さい

そして、毛皮は動物の持ち物であって

決して人間の物ではないということを、認識して欲しいと思います


今の世の中、フェイクファーもあります

毛皮を着なくても暖かい洋服はいくらでもあります

イ.ヒョリさんと同じく、動物を着るより抱きしめてあげる事の方が

心も体も暖かくなれます


今夜も我が家の犬猫たちを抱きしめてから寝ることにします


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。