スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍼治療2回目

二回目の鍼に行ってきた

経過は、内蔵まで苦しくなるような痛みはなくなったけど

腰の痛みと坐骨神経の痛みはまだあるのよね

「治るときはパッと治るよ」って言う先生の言葉を信じよう

「すぐに治る方法があるなら僕に教えて」
と言った先生の言葉もうなづける

時間をかけて悪くしてきたんだから、手品みたいに治るわけないよね


先生曰く、私の体は水浸しになっているらしい

東洋医学で言うところの水毒っていう症状

私も素人ではあるが、色々本で読んだりネットで見たりと

ちょっとした知識だけは頭に入っているので、やっぱりなって感じ


要は、水はけの悪い体なのだ

植木だって水はけが悪いと根腐れしたりするもんね


起こりやすい症状としては、

息切れやセキ、手足の冷え、水が滞って分泌物が増えるため

めまい、耳鳴り、鼻水、目やになどが出やすくなる

水分を採ったあと胃やお腹でチャプチャプ、ゴロゴロ鳴ったり

湿疹なども出やすく、傷跡がいつまでも消えなかったり・・・

当てはまる症状の多いこと


特に、お腹がチャプチャプ言うのは本当にきになってたのだ

あと、耳鳴りが急に多くなったり、めまいは貧血持ちなので

以前からあったけど、水毒も関係してたわけだ


こういう事は、西洋医学では分からないことなんだよね

すぐに薬出そうとするし(病院は薬と検査で儲けているのだ)

鍼の先生は「病院なんか行っても治らへんよ、薬漬けになって
薬がないとダメな体になってしまうよ」って・・・私も同感

「でも、西洋医学には西洋医学のいい所もあるでしょ?」って聞いたら

「そんなもんないよ」って一蹴されちゃった

東洋医学とは対局だもんね、無理もないか


他にも腎臓と心臓をつなぐ線(経絡)が歪んでるんだって 

鍼で治しながら気功をしたらいいと言われたけど

あのおばちゃん集団の中でやるのも結構勇気がいるなぁ 

っていうか私も十分おばちゃんだけどね


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。