スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたは信じますか?

突然ですが、2011年10月28日に人類は終わりを迎えるそうです

にわかには信じがたいですが・・・こう言われると、ちょっと怖いです



この説を唱えるのは、スウェーデンの医学博士カール・コールマン氏

カール・コールマン氏はマヤの預言の研究者です

紀元前4世紀頃、メキシコで栄えたマヤ文明

マヤ人たちは天文学を極め、地球の公転速度もかなり正確に

計算していたそうです

そして、高度な天文的知識を活かしてマヤの予言書を作成

そこには、ナポレオンの登場やヒトラーの出現など、

数々の歴史的事実が予言されていました


しかし、その予言書がある日を堺に途切れています

作らなかった理由は、その日を持って世界が終わるから

こんなことを聞かされると、ドキッ!としませんか

カール氏の計算によれば、その日が2011年10月28日だそうです


最近世界各国で天変地異が立て続けに起こってますよね

ああいうの見るたびに怖くなります

ほんとに地球はなくなるんじゃないかって・・・


そういえば昔、ノストラダムスの大預言っていうのもありましたねぇ(1999年7月終末説)

あれって結局、地球の終わりの予言は外れたけど・・・

でもマヤ文明の終末説は、確か2012年の12月じゃなかったっけ

1年ほど前倒しされたのね、どちらにしてもあと少しだわ

今回の地震にしても、各国の異常気象にしても

きっと神様が いい加減にしろ!まだ気付かんのかと、

人間に対してお怒りになってるんでしょうね

はて、みなさんはマヤの終末説をどう思われますか?

滅亡しないにしても、何か大きな事が起こりそうな気がしますが










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。