スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危ない化粧品を見分ける簡単な方法

世の中には星の数ほどあるコスメ商品

自分に合うものを見つけるのはなかな難しい

安心安全なものを見つけるのはもっと難しい


そこで、危ない化粧品を見分ける簡単な方法をお教えします

クレンジング 汚れなどを馴染ませた後、水で簡単に洗い流せるものは×
洗顔     純石鹸、もしくは土質系の洗顔料以外は×
化粧水    化粧瓶を振って、泡が一日経っても消えないのは×(試してみてね)
乳液     乳液を出しているメーカーは×
美容液    オイル以外で美容液を出しているメーカーは×
クリーム   クリームに水を混ぜた時、乳液状になるものは× (試してみてね)


これらの方法は、ちまたではあまり知られていないかもしれませんが

本当の美肌を目指す人の間では、よく知られている方法のようです

この他にも、化粧品に火を近づけて燃やした時、黒い煙が出る物は

ダメだとか色々チェックの仕方はあるようです

これらに該当したからと言って即座に肌に危険が及ぶわけでは

ありませんが、化粧品とは長~く使うものなので

5年10年使い続ける事による弊害が怖いのです

あくまでもご参考までに



   
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。