2013年04月

無印に思いを届けよう!

ブログを通じて皆さんにお願いがあります。
無印に対するふかひれ販売中止の署名です。

無印は人と環境に配慮した企業で私も時々利用するのですが、
最近この記事を知り、是非皆さんに伝えたいと思いました。

無印は現在ふかひれスープを販売しています。
ふかひれはご存じのとおり、サメのヒレの部分から採取されます。
そしてこのふかひれを取る為の方法は、とても残酷です。

海から釣り上げられたサメは、いきなりヒレの部分だけを鋭利なナイフで切り取られ
その後はゴミの様に海に投げ捨てられます。

以前動画で見ましたが、ヒレを切り取られたサメはもちろん泳ぐ事は出来ず、
そのまま海底に沈んで行き他の魚達の餌になります。
あの強いイメージのサメが、自分より小さい魚達に無残にも食べられるのです。

あの時の沈んで行くサメの悲しそうな目を、私は忘れる事ができません。

サメは冷酷で何でも食べるし、感情もなく凶暴だ!なんていうのは
人間が勝手に決めた事であって、ほんとはサメが人を襲うのは稀だそうです。
犬に噛まれて怪我をする方が圧倒的に多いんです。

きっと、映画「ジョーズ」のイメージが強いんだと思います。
人間によって作りあげられた間違ったイメージは、世の中に沢山あります。

今回のふかひれ販売中止にあたっては色んな事情をはらんでいるので、
詳しくはこちらの記事を読んでみてください。

地球の資源には限りがあります。
人間が乱獲する事によって、生態系が大きく変化し
最終的には我々にもそのツケは必ず回ってきます。

世の中には代替商品も沢山あるし、その技術も年々進歩しています。
美食の為にわざわざ、生きものを傷めつけなくてもいいのではないでしょうか。
捕獲の仕方も殺し方もとても残酷です。

ふかひれは食感が特徴です。
ならば、春雨でいいのでは?

私は春雨スープで満足です。



~追伸~
フェイスブックやツイッターをされてる方は、
拡散して頂けるととても嬉しいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。